車中泊

【日産 e-nv200】電気自動車に3年間乗った&車中泊して分かった良い所・悪い所

アイキャッチ
どうも、をさしみです

日産の電気自動車e-nv200(24kWh)に乗ってもうすぐ3年

実際に乗ってみると

良かった点がある一方、かなり欠点があります

これから電気自動車を検討する人に役立つ内容なので

参考になったら嬉しいです

なぜe-nv200購入しようと思ったのか

e-nv200について

日産の社有車などで良く見かけるバンタイプの車「nv200」の電気自動車バージョン

バンタイプの電気自動車に魅力を感じた

e-nv200(24kWh)を購入した理由ですが

当時(2017年)こう考えてました

バンの広さに電気があれば住める
買った理由

・電気が使えるのでパソコンが使える

・家電で調理が出来る

・アイドリングが静かなのでエアコンを付けて車中泊

・急速充電が定額使い放題(※現在は使い放題終了)

2020年に急速充電の料金体系がZEPS3になり、お得感が無くなりました

中古に安いe-nv200があった

半分、夢みる感じで妄想してたんですが

安い中古車が出ていたので思い切って購入

諸経費も含めて133万円

実際に電気自動車に乗ってわかったこと

バッテリーと走行距離について

理論上の走行距離について説明します

理論上の走行距離

バッテリー容量 24kWh × 電費 6.9km/kWh =165.6km

満タンまで充電した場合、約165km走る計算になります

実際は165kmも走らない

充電は80%が基本

バッテリーの劣化を考えて充電は80%あたりで止めること

を推奨されています

165km × 80% = 132km

実際に安心して走行出来るのは60%

バッテリー容量が20%を切るまでに充電しないと

電欠が怖くて走行できません

なので実際の走行に使えるバッテリーは60%くらいです

165km × 60% = 99km

これが現実的な走行距離

バッテリーは劣化する

ここで更にバッテリーの劣化を考える必要があります

劣化速度は詳しく説明出来ませんが、劣化すると走行距離が落ちます

まだセグ欠けは一つ

e-nv200の2人乗り、5人乗りタイプはバッテリー冷却装置がついており、劣化しにくいらしい

バッテリーの充電について

急速充電気温によって少しクセがあります

次のような感じです

気温が高い ⇒ 充電が入りやすい

気温が低い ⇒ 充電が入りにくい

これを走行距離に換算すると

夏場 ⇒ 100km

冬場 ⇒ 80km

くらいの感じです

冬場はバッテリーの充電が入りにくく、走行距離が落ちるので注意が必要

充電に時間がかかる

急速充電は1回/30分が基本的な充電時間です

この30分を長く感じる人もいると思います

しかも、先に充電している人がいた場合

別の場所を探すか、待つ必要があるため

30分以上かかることも良くあります

街中や交通量の多い時間は待つ可能性が高くなる

たまに急速充電器が壊れていることも

3年間乗っていて、急速充電器が壊れていたことが3回ありました

次の急速充電器まで充電があったので助かりましたが、その時はかなり焦りました

走行性能と距離について

運転はとてもしやすい

これは良かったです

モーター音はしますが、基本的に音は小さく

走行時の加速、パワーも踏み込んだ分出ます

走りは不満なし

上り坂、高速は電気がかなり減る

これは結構、気を使います

上り坂 ⇒ 1.5倍消費

上り坂+高速 ⇒ 2倍消費

くらい電力の減りを感じます

次の目的地まで走行距離が足りていても、上り坂・高速があると目的地まで到着しない可能性があるので注意が必要です

逆に下りは電力が回復するので、山を越えたら少し安心

冬の暖房は電気を食う

夏場エアコンをつけても、走行距離はほぼ落ちません

しかし、冬のエアコンはかなり走行距離が落ちます

ただ、シートヒーターは走行距離に影響がないため

冬場はエアコンをつけずに、シートヒーターで頑張ってます

冷房は5km、暖房は20kmくらい走行距離が落ちます

パワープラグについて

e-nv200に1500wまで家電が使えるパワープラグがついてます

ただ、パワープラグを使用すると

独特の電磁音がします

車中泊で寝ている時は気になるので

寝るときはパワープラグを切るようにしています

ジジジという電磁音がする

まとめ

良い点

走りはいい

1500wまで家電が使える

月額定額で乗り放題(※ZEPS3で改悪)

気になった点

充電は基本80%

冬場は充電が入りにくい

充電で待つこともある

上り坂・高速を意識して走る必要がある

注意する点はあるけど、実用に耐えるレベル

色々、良い点・気になった点をあげましたが、悪い車ではないです

最近の電気自動車はバッテリー容量も増えてきているので

欠点を理解した上で買うなら良い車だと思います

動画も良かったら是非

Youtube動画

アイキャッチ
初めてイレクターパイプで車中泊化したら改善点がたくさんあった【e-nv200】 脱サラして日本一周をしようと思い 思い切って 日産の電気自動車e-nv200を購入しました 電気自動車なら家電も使える...

売れ筋キャンプ道具(毎時更新)

  • 焚火台
  • ランタン
  • 寝袋
  • 食器
  • テント
  1. キャンプ用グリル・焚火台
  2. キャンプ用グリル・焚火台
  3. キャンプ用グリル・焚火台
  4. キャンプ用グリル・焚火台
  5. キャンプ用グリル・焚火台
  6. キャンプ用グリル・焚火台
  7. キャンプ用グリル・焚火台
  8. ストーブ・ヒーター・ウォーマー
  9. キャンプ用グリル・焚火台
  10. キャンプ用グリル・焚火台
  11. キャンプ用グリル・焚火台
  12. キャンプ用グリル・焚火台
  13. キャンプ用グリル・焚火台
  14. キャンプ用グリル・焚火台
  15. キャンプ用グリル・焚火台
  16. キャンプ用グリル・焚火台
  17. キャンプ用グリル・焚火台
  18. キャンプ用グリル・焚火台
  19. キャンプ用グリル・焚火台
  20. キャンプ用グリル・焚火台
  1. 電気式ランタン
  2. 電気式ランタン
  3. 燃料式ランタン
  4. 電気式ランタン
  5. 電気式ランタン
  6. ランタン
  7. 電気式ランタン
  8. 燃料式ランタン
  9. 燃料式ランタン
  10. 燃料式ランタン
  11. 電気式ランタン
  12. 電気式ランタン
  13. 電気式ランタン
  14. 電気式ランタン
  15. 電気式ランタン
  16. 電気式ランタン
  17. 電気式ランタン
  18. 電気式ランタン
  19. 電気式ランタン
  20. 電気式ランタン
  1. 寝袋・シュラフ
  2. マミー型寝袋
  3. 寝袋・シュラフ
  4. 寝袋・シュラフ
  5. 寝袋・シュラフ
  6. 寝袋・シュラフ
  7. 寝袋・シュラフ
  8. 寝袋・シュラフ
  9. 寝袋・シュラフ
  10. 寝袋・シュラフ
  11. 寝袋・シュラフ
  12. 寝袋・シュラフ
  13. 寝袋・シュラフ
  14. 封筒型寝袋
  15. 寝袋・シュラフ
  16. 寝袋・シュラフ
  17. 寝袋・シュラフ
  18. マミー型寝袋
  19. 寝袋・シュラフ
  20. 封筒型寝袋
  1. マグ・シェラカップ
  2. マグ・シェラカップ
  3. マグ・シェラカップ
  4. マグ・シェラカップ
  5. マグ・シェラカップ
  6. 食器セット
  7. マグ・シェラカップ
  8. ナイフ・フォーク・スプーン
  9. マグ・シェラカップ
  10. マグ・シェラカップ
  11. マグ・シェラカップ
  12. ナイフ・フォーク・スプーン
  13. マグ・シェラカップ
  14. マグ・シェラカップ
  15. マグ・シェラカップ
  16. ナイフ・フォーク・スプーン
    発売日 : 2012年03月12日
    価格 : ¥1,452
    新品最安値 :
    ¥1,452
  17. 皿・ボウル
  18. マグ・シェラカップ
  19. 食器・カトラリー
  20. マグ・シェラカップ
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. ドームテント
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥34,980
    新品最安値 :
    ¥34,980
  19. テント本体
  20. テント本体
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥42,570
    新品最安値 :
    ¥42,570
スライドしてタブも触ってみて

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です